毎日ブログを更新するためのネタをどうすればいいのか悩まされてます

 
PAK58_kiokuyorikiroku

ブログを更新するためにはネタが必要なわけで、毎日一つでも思いついたりしないといけないわけだと思うんですが、なかなか人に見せるようなモノが思い浮かばないんですよね。

初心者ブロガーなら多くの人が持つ悩みだと思いますが、やはり深刻な問題です。

 

せっかく自分を発信するためにブログを作ったのに、何を書くかについて迷うようなことがあれば、だんだん記事のネタを考えるのが苦痛になり、ブログを書く意欲がなくなってくるという、最悪な状態になってしまうかも知れないわけです。

とにかく記事を書いていくうちに、だんだん慣れてくるのかもしれませんが、それまでがとにかくつらい。

PV数も十分ではなく、記事も思いつかない、最初の半年くらいはめちゃくちゃつらいと思います。

 

そこで、ブログを何とか毎日でも更新できるような量のネタを持つために、必要なことを自分なりにまとめてみた。

さあ、いこう。

 

ブログを書く上で大事なこと5つ

情報をとにかくたくさん入手

何かブログを書くったって、世間知らずや、時代遅れがいいものをかけるはずがない

ブロガーである以上、読者より少しだけよく知っていたり、最先端を行く人になって、発信しないといけない、一種の役目なのです。

 

ブロガーとして記事を書くわけですから、みんなが知っているようなことや、時代遅れのことを発信してはいけないのです。

 

 

でも、ギークにはならなくてもいい

ある程度の情報を手に入れると、それに関して自分の考えや感情がある程度はっきり見えてきます。

別に、ギークにならなくても、自分の頭の中はみんなが知らないことだらけです。

自分の頭の中は、新しいことだらけです。

 

自分の考えていることを言葉にして吐き出すだけでも、読者は新しいことを学ぶことができるのです。

 

先輩ブロガーに学ぶ、というか盗む

先輩ブロガーはあちこちにたくさんいます。

先輩のブログを見てみましょう。ブログのジャンルによっても違うと思いますが、書き手の視点から見てみると、意外に簡単な記事ではありませんか?

別に、そのことについて調べまくらなくっても、頭の中を文章にするだけで、書けるような記事ではありませんか?

 

自分にとって常識なことだって、読者からすれば新しいこと。

十分な情報なのです。

 

記事を書くネタがなくなったら、先輩ブロガーのブログを見る、ということを心掛けてみましょう。

 

すべての人に読んでもらおうと思わない

自分が書いた記事を多くの人に読んでもらおうと思うのはもちろん当たり前なのですが、すべての人に見てもらうことは絶対にできないということを頭の中に入れておきましょう。

このブログはITやWEBに関する記事多めなわけで、渋谷にいそうなギャルが読んだって、光速で直帰されるのは超明確ですね。

 

自分のブログを読んでくれる人というのは大体決まっていて、その人たちだけに伝わるような記事を書くほうが、よりいいんです。

ブログは当たり前ながら、記事をたくさん投稿していって作り上げるものなのです。

一つの記事で多くの人を納得させたり、感動させるにはどれだけの技術と、文字数がいることか。

 

一つの記事で読む相手は限られている、ということを頭の中に入れておきましょう。

 

とにかく、小さい記事でも毎日書く

とにかく書くこと。これがいい番大事だと最近感じています。

たとえ500文字の小さい記事だとしても、その記事から自分が学べることはあります。

 

後でその記事を読者視点で読んでみるんです。

この部分について、もう少し説明してほしいとか、もっと多くの情報を入れてほしいとか、自分の記事のどこがよくなかったか、知ることができるんです。

それを毎日していくと、記事を書く力が伸びるのは明らかですよね。

 

よいネタがないから記事を書けないのではなく、記事を書かないからネタがないんですね

作ったばかりのブログの読者なんてそんなに多いわけがないんですよ。

だから挑戦、挑戦でいいんです。

 

僕らは初心者だから、いくら失敗したって、少しづつうまくなっていけばいいんです。

毎日書くことを絶対に忘れないこと。

 

まとめ

今回の記事は、まさに自分の頭の中をそのまま文章にしたものです。

ブログの記事には、紹介記事や説明記事、まとめ記事などがありますが、今回の記事のように、すべて自分の頭の中のことでもわりとまともな記事が書けるんです。

 

別に、真新しい情報がなくたってこれぐらいできるんです。

とにかく、自分を発信するのがブログなのですから、当たり前っちゃそうですが、ブログを書いていると、このことを忘れてしまいそうになります。

 

一度原点に戻って、毎日書いていくことが大事なのかもしれませんね。

You may also like...