はてなブックマークの新ニュースアプリ「Presso」がリリース、Gunosyにそっくり!?

600x376xhatebu-presso.jpg,qitok=ZpS_xke1.pagespeed.ic.E3OhaNukN9
Pocket

今日、はてなブックマークを運営する株式会社はてなから新しいニュースアプリ、Pressoがリリースされました!事前に先行登録していたのでお知らせのメールが届いたのです。早速レビューしますね。

綺麗な青色基調のデザインPhoto 2014-03-27 15 24 56 Photo 2014-03-27 15 25 25 Photo 2014-03-27 15 25 05

Pressoのテーマカラーは青色、Geekのテーマカラーと似てますね。まあはてなブックマークのテーマカラー自体が青色ですからね。はてなブックマークのアカウントでログインします。

フィードを選択

Photo 2014-03-27 15 25 45 Photo 2014-03-27 15 25 33

ログインの次に、自分の関心のある分野を3つ以上選びます。どのフィードを選ぶかによって届くニュースが変わるみたいですね。

一覧画面

Photo 2014-03-27 15 25 55 Photo 2014-03-27 15 26 52

さっき選んだフィードごとに記事を見ることができます。それぞれに記事にはドメイン・タグのほかにブックマークした人の数とワンタッチでブクマできるボタンがついています。これで簡単にまとめて記事をはてブすることができるのはさすが純正!でもやっぱGunosyに似てるじゃん!

朝・昼・夜に通知が来る!

Photo 2014-03-27 15 26 29

毎日決まった時間に通知をしてニュースを知らせてくれる機能も付いています。ただ時間は自分で設定できないみたいですね。それに朝8時って遅くないか?てかこれもGunosyじゃないか!

記事と一緒にコメントを見れる

Photo 2014-03-27 15 41 28

 

このアプリの売りの一つがこのコメント閲覧機能です。はてなブックマークを使えば見た記事にコメントを残せるのは当たり前でしたが、このアプリを使えば記事を見ているときにコメントボタンを押すとしたからコメント欄がにょきっと出てきます。見た人同士のコメントを簡単に共有できるのは素晴らしいですよね。もちろんコメントを残すこともできます。

共有はいまいち?

Photo 2014-03-27 15 40 54共有ボタンからはメール、Twitter、Facebookに送ることができ、Safariで開くこともできるようになっています。Pocketとかには共有はできないみたいですね。まあはてブがあるから全然かまわないんですが。

記事を読んでいるときにはてブボタンを押すと、コメントと共にはてブすることができる。この時に今まで通りMixiやEvernoteに同時に送ることもできます。僕はEvernoteへいっつも同時投稿していますが。

Photo 2014-03-27 15 41 21革新的な何かがあるわけではない

見てもらったらわかると思うけど、何か革新的な新しい機能があるわけではない。自分の好きな記事を届けてくれるのはGunosyと一緒だし、ほかに目立った売りはないです。ただ決して使えないアプリではないと思う。はてブはネットサーフィンの時にとても重要だし、Evernoteへの連携も大事。自分が読んだ記事についてほかの人はどんなことを思いながら読んでいるのかも気になるし、手軽にニュースが読めるのも大事。

Pressoは最新のポップ・ニュースリーダーじゃないだろうか。

現在はiOS版のみ

今のところPressoはiOS版のみ、つまりAndroid端末で使うことはできない。もう少ししたら多分Android版も出るはず。

AppStoreからダウンロード

 

Pocket

スマホに入力した情報がSimejiの会社「バイドゥ」に筒抜けだったかもしれない

simeji_logo
Pocket

今日、衝撃的なニュースを目にしました。

Android向け文字入力アプリの「simeji」を使用しているユーザーが入力した文字列が、アプリを制作している「Baidu」社のサーバーに筒抜けだったかもしれなかったのです。

私自身もsimejiを愛用してますから、おぞましいニュースです。

変換精度向上のためのログデータを無断送信

simejiには変換精度向上のために、入力した文字列を数時間おきにサーバーへ送信する「ログセッション」という機能がある。

もちろんクレジットカードの番号や重要なIDは送信しないとBaidu社は公表していた。

また、この「ログセッション」はユーザーが機能のON・OFFを操作できるため、情報をサーバーへ送信するときには必ずユーザーの同意があるとBaiduは説明しています。

この話を聞くと一見問題ないように見えますね。

ただ今回いただけなかったのは、この機能をOFFにしていたユーザーの端末からも情報を無断送信していたということです。

これは「Simeji」に限らずPC向けIMEソフト「Baidu IME」も同様でした。

Screenshot_2013-12-27-10-52-15

クラウド変換の設定画面(画像はOn状態)

クラウド変換も同様

Simejiの代表的な便利機能のクラウド変換もONにしていると、データが送信されていました。

クラウド変換とは、Simeji本体の変換候補ではなく、ユーザーから「ログセッション」収集されたデータを基にBaiduのサーバーで作られた変換候補を入力中に取得して変換できる便利な機能です。

たとえば、”のうねん”と打つと、”あまちゃん”というクラウド変換候補が出てきます。(雲のマークがクラウド変換のマーク)

Screenshot_2013-12-27-10-52-30

これ、本当に便利な機能でお世話になってるんですが、ニュースを聞いてがっかりしました。

 

Baiduは中国の会社

あまり知られてないかもしれませんが、Baiduは中国の会社で「百度」と表記されます。

Simejiは百度が買収したアプリなんです。

こうなると、やっぱり中国は隠し事が多いなぁと思ってしまいますね。

 

すでにアップデートで対応済み

今日の朝スマホを見ると、Simejiが早速アップデートされていました。

昨日のBaiduの発表通りですね。

Simejiを開いてみると、こんなメッセージが。

Screenshot_2013-12-27-10-52-02

 

ひとまず安心なのでしょうかね。

 

とりあえず僕は今後もSimejiを使い続けていきますね。

未成年で仕事もなく、クレジットカードも持っていないので、漏れるような秘密もあまりないというのが一番大きな理由でしょうか。

 

アプリとしてはとても立派ですしね。

 

 

Pocket