良いブログをつくるために必要不可欠な26種類の準備とテクニック

良いブログ
Pocket

良いブログをつくるために必要不可欠な26種類の準備とテクニック 目次

1.良質なブログのテーマ

2.良質なブログのデザイン

3.良質なコンテンツ

4.良質な個性を滲み出す

5.良質なSEO対策

6.良質な記事の拡散

7.良質なモチベーションの持ち方

1.良質なブログのテーマ

ブログとは自分をさらけ出す掲示板のようなもので、自分の好みのことを好き勝手に書いてこそのものだと思っていますが、やはり主体となるテーマがないとなかなか記事を書けないかもしれません。

1.目的とテーマの決定

ブログを継続していくのは思っているよりはるかに難しいことです。はじめたてのブログにはなかなか人が集まらず、アクセス数も伸びません。記事を書いても読者が少ないので、手ごたえも感じられません。そこで一番大切なのはやはりモチベーションです。

ブログを始めると思うときには、必ず目的があるはずです。自分の思ったことを言う場がほしいだとか、ほかのブロガーさんと仲良くしたいとか、有名人になりたいとか、広告でお金をちょっと稼ぎたいとか。どんな理由でももちろん構わないですがこの目的をしっかりと持つことが、実際にブログを継続して書き続けるためにはとてもとてもとても大事なんです。

2.テーマに縛られすぎないこと

ブログを始めるとほとんどの人はまず、書く話題がないという悩みにさいなまれます。ブログを始める前は書く気満々なのにいざ始めた途端書くことが思い浮かばなくなっちゃうんですよね。なんと皮肉なことか。

なかなか記事を書き始められない理由はたくさんありますが、もっとも問題なのが自分が決めたテーマに縛られすぎて話題を選びすぎているということです。

たとえばこのブログのテーマはIT・ガジェット・ライフハックです。ところが実際はどうでしょうか。WEB制作や心理学、音楽などテーマには当てはまらない記事も書いています。もちろんそれでいいと僕は思っています。

そもそもブログとは自分が思うことや自分に関係する出来事を発信するために自分で作るものだから、書く内容なんて自由で構わない。というか自分が決めたルールで書く内容を制限してしまうのはいささかもったいないことです。

2.良質なブログのデザイン

ブログで最も大事なのはもちろん記事の質なのですが、記事が読みにくい表示をされていてはせっかくの努力が報われません。最低限のデザインは必要ですね。

1.テーマカラー

ブログのアクセスを増やすにはリピーターの獲得が重要です。一度ブログを見に来てくれた人にしっかりとブログの個性を印象付けるために大切なものはたくさんありますが、もっともわかりやすいものは色です。

Evernoteといえば緑、Facebookといえば青、というようにWEBの世界ではブログなどのテーマカラーは重要な個性となります。ブログを始めたらまずは好きなテーマカラーを決めましょう。

2.読みやすいデザイン

まず第一に考えることは、読みやすいレイアウト・段組みのデザインをすることです。

文字のサイズ、行間、フォント、幅などをきれいにすることが必要です。逆に言うと、この部分だけきれいにしておけば他の部分は雑でもアクセス数は増えていきます。

3.HTML・CSSをちょっとかじる

ただ、ブログのレイアウトを細かくいじるとなると、WEBページであるHTMLと、それを装飾するためのCSSについて少しだけ学ばないといけません。また、Wordpressでブログを運営するならPHPも少しだけ学んでおくとブログをカスタムしやすくなります。

文字のサイズや行間をいじるくらいなら1日で十分習得できるくらい簡単なものです。

4.jQueryをちょっとかじる

もしブログをもっと美しく、ダイナミックにしたいならjQueryを学んでみるといいでしょう。jQueryとはHTMLと一緒に使える言語で、たとえばマウスをかざすと画像が回転するようにしたり、サイドバーを追尾させてみたり、より高レベルな演出ができるようになります。

HTMLより少し難しいかもしれませんが、高品質なブログを作るなら学んでみましょう。

6.レスポンシブデザインにしてみる

最近WEBデザインの世界では「レスポンシブデザイン」というものが流行っていて、あらたなWEBページの標準にもなろうとしています。

レスポンシブデザインとは、一つのWEBページをパソコンの画面幅でも、スマートフォンの画面幅でもそれぞれ見やすいレイアウトになるように工夫したデザインのことです。スマホからのアクセス数がパソコンからのアクセス数と同じくらいまで増えてきた最近では、スマートフォンでも見やすいデザインが大切になってきています。

HTMLの知識だけでレスポンシブにすることができるので、お手軽です。

7.SNSバーを配置してみる

今ではブログとSNSの関係は無視できないほど重要です。SNSの情報拡散力はとても強力で、さまざまな話題を瞬時に拡散してくれます。

もちろんブログをSNSで宣伝するのは重要なことです。そこで、ツイッターやフェイスブックの「Tweet」「いいね!」ボタンをできるだけ多く押してもらうために、自分のブログの記事の中にSNSボタンを埋め込みましょう。

SNSバーを表示すべき場所はだいたい二か所、記事の前と後です。まずシェアしてからじっくり記事を読むような読者と、記事を読んでみてからシェアするような読者、どちらもいます。

3.良質なコンテンツ

コンテンツ イズ キングという言葉があるように、ブログの中でもコンテンツ=記事はもっとも重要です。

1.読者のためのネタ作り

ブログでは何を書いてもいいと先ほど書きましたが、もちろん”本当に”何でも書いてもいいわけではありません。「読者のことを考えたうえで」何でも書いていいということです。

もし、ブログのアクセス数なんて必要ない、ただの自己満足だぁ!って人は別に読者を気にしなくてもいいかもしれませんが、そんな人はごく一握りだと思います。

2.情報収集を欠かさない

ブログを書くということは、情報を発信するということです。世の中の出来事について自分なりの意見を書いてみたり、ニュースを基にして記事を作るということなのです。

全く情報のないところからは記事になるネタは生まれません。情報をブログでアウトプットするには、情報のインプットが欠かせないのです。もちろん情報が多ければ多いほど内容の濃い記事をたくさん作ることができるようになります、

ブログのネタになるような情報はテレビや新聞とかよりはWEBのほうがよく集まる気がします。パソコンでのネット巡回はいまどきちょっと時代遅れかもしれませんね。スマートフォンのアプリを使って暇な時間にささっと情報をチェックするのがスマートですね。

3.適度な改行と文の量

さっきも言った通りブログでの記事の読みやすさ(=リーダビリティ)は特に重要です。HTML・CSSでレイアウトをすることはもちろん大切ですが、実際に記事を執筆するときには改行と文の量がとても重要です。

まったく改行のない文章が読みやすいわけありませんね。ブログのカラム幅や文字サイズとかによって変わりますが、3文くらいを書いたところで改行を入れてみるとかなり見やすくなります。

4.適度に画像を差し込む

ブログにおいて、文章だけで伝えきれないイメージを画像で表すのはとても重要なことです。記事のイメージとなるアイキャッチ画像だけではなく、記事中に挿入するイメージ画像も重要です。

記事の中で最も伝えたいことを表現する画像をアイキャッチに使い、記事本文も文字だらけで読むことに疲れないように適度に画像を挿入しよう。

5.クリックされるタイトル付け

まず、記事のリンクがクリックされて実際に記事が読まれるかは、その記事のタイトルによって大きく変わります

基本的にタイトルの文字数は32文字程度がいいとされています。検索エンジンで表示された時の表示文字数が32文字前後であり、適度な長さで読みやすいからです。

数字を使って具体的に記事の内容を説明し、重要なキーワードをタイトルの中に入れてください。

4.良質な個性を滲み出す

1.自分の個性を滲み出す

ブログとはズバリ自分を表現する場所です。

読者が最も求めているのは、ブログ主のオリジナリティなのです。セルフブランディングという言葉がありますが、記事を通してブログ主の考えや人格を滲み出して作り上げていくものなのです。

ブログをすべて自分で作るとなれば、デザイン・テーマ・更新頻度・文体など個性を表現できるところがたくさんあります。そこで全力でオリジナリティを発揮することが大切です。

2.文体を自分らしくする

ブログの中で最も大事なのはほかでもなく記事本文なのは前にも言った通りですが、そこでも個性を発揮しなければなりません。段落の区切り方、文末、文の長さを自分の思うとおりに作り上げていきます。特徴的な擬音をたっぷり使ってみたり、個性的なたとえ話を混ぜてみたりするのもいいですね。

いかにも論説文のようにきっちり、お堅めに書かれた文なんて、誰も読みたくないのは当たり前ですね。

5.良質なSEO対策

ブログへのアクセス数を増やすためには、Googleなどの検索エンジンで検索されたときに上位に表示されるために工夫をする必要があります。このことを一般的にSEO(Search Engine Optimize)対策といいますが、少しぐらいはやっておきましょう。

1.SEO対策プラグインを入れる

世にあるブロガーの半分が運用しているといわれるくらい利用者が多いブログ運営サービス「Wordpress」を使っている場合、プラグインと呼ばれる拡張機能をダウンロードするだけでSEO対策をすることができます。

ここではすこしだけ、代表的なSEO対策プラグインを紹介します。

All in One SEO

WordPressで定番のSEO対策プラグインです。プラグインの設定画面のチェックボックスをオンにするだけで自動的にSEO対策がされます。

SEO Friendly Images

ブログで使用した画像に自動的にtitleとalt属性を入力してくれます。画像のtitleとaltを入力しておくことはSEOに効果的です。

Google XML Sitemaps

記事を更新したときに自動的にサイトマップを作成してGoogleに送信してくれます。検索エンジンに登録されるまでの時間を短縮して、アクセス数を増やしてくれます。

2.Metaタグをしっかり設定する

ブログに使うHTMLファイルの中にMetaタグを追加しておくと、少しはSEO対策になります。とはいえ、効果はほとんどないみたいなので、もしもHTMLの知識がなければわざわざしなくてもいいと思います。

6.良質な記事の拡散

せっかく作った記事も、誰にも読んでもらえなければちっとも楽しくありません。多くの読者に記事を読んでもらうにはしっかりと記事を拡散することが必要です。

1.SNSを上手に使う

今やTwitterやFacebookのユーザー数はとんでもないほど増えて、その影響力も巨大になってきました。あらゆる情報が恐ろしいほどの速さで拡散されます。この拡散力を使わない手はありません。

ブログを作ったら、まずはブログ専用のTwitterアカウントをつくり、Facebookではブログの「ページ」を作成しましょう。もしも余裕があればGoogle+でもページを作っちゃいましょう。そして記事を作成するたびに、更新情報をTwitterやFacebookで発信するのです。もちろんアカウントのフォロワーが0人では意味がありませんから、暇なときに呟いたりしてフォロワーをある程度増やしておきます。

もしもブログをwordpressで運営しているなら、記事を更新したときに自動的にTwitterやFacebookで更新情報を投稿してくれる「Social」というプラグインもあります。

2.Twitter Cardを設定する

Twitterでこのような表示を見たことはありませんか?

Twitter本文のしたに更新した記事のアイキャッチ画像と抜粋が載っていますね。このように特別にツイートの表示を変える設定をTwitterCardsといいます。これを使うことでより効果的に記事を宣伝することができます。

具体的な登録方法はここでは割愛しますが、割と手軽にできます。

3.OGPの設定をする

Facebookでもこのような表示を見たことはありませんか?

ogp

Facebook版TwitterCardsのようなものですが、こちらはOGPの設定なんて言われたりします。

WordPressを使っているならプラグインなどで手軽に導入することができますが、少しTwitterCardsにくらべたら面倒かもしれません。

4.はてブで爆発を起こす

はてなブックマークは、気に入ったサイトの記事を保存してEvernoteやFacebookに共有したり、リアルタイムで人気の記事を読むことができる優れたサービスですが、これもアクセスアップに役立てることができます。

自分の記事が3人以上にはてブされると、はてなブックマークの人気記事欄に掲載されとんでもないほど大量のアクセスが舞い込んできます。アクセス数の最初の壁を超えるためには最適な方法ですね。

7.良質なモチベーションの持ち方

アクセスが少ない状態で記事を書き続けるのはつらいもの。決してあきらめずにブログを継続するためのモチベーションの管理が重要です。

1.記事の更新頻度にこだわらない

ブログを始めたころは多くの人が「毎日更新しよう!」とかいきなり難しい目標を立ててしまいがちです。そのような人たちは短い更新頻度でブログを書き続けることの困難さにすぐに気づき、ついにはブログをやめてしまうのです。

せっかく好きで始めたブログなのに無理な目標を立ててしまうせいであきらめてしまうのはもったいないですよね。

はっきりいって、ブログを書き続けることは想像よりも難しく、練習や知識の習得が必要になります。多くの人が気づかないことなのですが、ブログを始めたころは誰もが初心者ブロガーなのであって、記事のネタの仕入れ方・記事の書き方・アクセス数の増やし方の練習が必要なのです。

特に記事の更新頻度は気にしすぎてはいけません。記事を一本一本しっかりと継続に作ることから始めないといけないのです。最初のころは一つの記事に2,3日かかるかもしれませんがそれでいいのです。記事を作っていくうちにどんどんと短い時間で記事を量産することができるようになるのです。

2.気が向いたときにする

僕自身もちろん好きでこのブログを始めたわけなのですが、いつもブログを書く気があるかと聞かれればもちろんそんなことはありません。疲れていたり、ほかにしなければいけないことがあったり、なかなか記事のネタが見つからない時にはブログを書く気は起らないものなのです。そんなときに無理やり記事を作ったりしてはいけません。

やる気がないのにいやいや記事を作ることは趣味でもなんでもなく、苦痛です。そんなことを続けていればすぐにブログをやめてしまいたくなります。

まずはブログを書く気を起こすことのほうが優先なのです。もし疲れていて書く気が起らないなら次の日にすればいいし、ほかに用事があるときは隙間の時間を見つけてこつこつと記事を作ればいい。記事のネタが見つからない時にはスマホでほかのブログの記事やニュースをたくさん見て何かアイデアを探してみればいいのです。

3.下書きをしておく

記事の書き方ひとつとっても、なかなか次の文が思いつかず書くのが苦痛になってしまう方法もあれば、すらすらと書ききることができる方法もあります。

スラスラと最後まで止まらずに記事を書ききってしまうには下書きをするのが一番です。ここでいう下書きというのは、先に小見出しを考えてしまう方法です。

20140220_202652

この時の下書きは個人的には手書きのほうがいいと思います。マインドマップで思うことすべてを書き出してから、箇条書きにして見出しにしていきます。

こうすることで書く内容が先に決められているので、記事を書いてる途中に記事の内容を考える必要がなく快適に記事を書ききることができます。

4.メモを持ち歩く

記事を書く上でまず問題になるのは、記事になるネタがないということです。何について書くかが決まらなければ本文を書き始めることもできませんよね。そこで、周りの出来事に敏感になってより多くのアイデアを脳内に蓄える必要があるんですね。

そこで必要になるのがメモ帳です。ちなみに僕はロディアのメモ帳をいつも使ってます。

20140220_211711

メモ帳をいつも持ち歩いて、見たこと聞いたこと感じたこと考えたことをキーワードだけでもメモを取っておくのです。あとでそのメモ帳を見返すと記事になるようなネタがたくさん載っていたりします。

続けることが大事

結局は、どんなことをしてでも記事を継続して作ることがもっとも大事なんです。ブログを立ち上げてからしばらくのあいだは記事を作ってもなかなか読まれない苦しい時期が続きますが、頑張り続けると本当のブログの楽しさが見えてきます。

一緒に頑張りましょう!

Pocket

ブログのネタに困っているあなたへ、記事を生み出す簡単な7つのタスク

7tasks
Pocket

約1か月ぶりのブログ更新となってしまいました。

学校の研修旅行でアメリカに行ったと思えば、帰国してすぐに期末テストがあって、ひぃひぃ言いながら机に向かい合っておりました。実はテストは明日までなのですが、それは秘密です。

久しぶりに記事を書くと、なかなか文が進みませんね。やっぱり習慣は大事なんですね。

さて今日は、僕がブログの記事のネタに困っているときによく使う、ネタの作り方を紹介しようと思います。

そもそもブログは自分の意見を書くためにあって、記事の内容が一般的に正しい必要があるわけでもなく、自己満足で十分だというのが私の考えですが、誰にも読まれない記事ばかり書き続けるわけにはいきませんね。

ここでいう記事とは、ある程度は読まれて、ある程度まともなもののことです。今日の夕食紹介みたいな自己満足記事は勝手に作っといてください。

1.ほかのブログを覗きに行く

ブログを書いている人はもちろん自分だけではありません。ほかのブロガーが書いた記事をのぞいてみて、自分が各記事に生かせるところを血眼になって探します。

お気に入りのブログリストを作っておくとはかどりますね。

せっかくですから、僕のお気に入りブログさんを少し紹介しましょう。

 

OZPAの表4

ほぼ毎日更新されていて、記事の内容は食レポからガジェット紹介、アプリ紹介などとんでもなく幅広いうえに、とんでもない文才の持ち主でおられます。

prasm

 

このブログは記事もさることながら、デザインの作り込がすごいです。めちゃ凝ってます。記事も、読みごたえのあるものから一行だけのものまで、とにかく自由で参考になります。

 

2.ニュースを見る

ニュースを見て、感想を書くだけでも立派な記事になります。ニュースはまさに旬なものですから、それなりに検索もヒットして多くの人に見られるでしょう。いわゆる流行ですね。

デバイスはおそらくTVよりスマホやパソコンなどのほうは効率よく情報を集められますね。アプリもたくさんありますし。

 

3.読書

本にはネット上のものより深くて専門的な内容が書かれています。また、すべての人が見れる情報源ではないので、まだ世間に一般的に知られていないことについて記事を作ることができます。

小説ならば書評や、感想。自己啓発ものならハウツー記事を書くのもいいですね。

僕は心理学の本ばっかり買います。実は人見知りが激しいので、相手の心理を離さずとも知りたいのですよ。友達になることができないのは、相手をうまくからかうことができないからとか、どんな人とでも会話を続けられるために気を付けるべき大切なこと7つの記事はこの方法です。

 

4.仮眠

どうしても考えが浮かばなったら一度寝てしまうのもいいかもしれないですね。15分程度の仮眠には1晩分の疲労回復効果があるとかないとか言われたりしていますが、頭の中がすっきりリフレッシュされるのは事実です。

なんかの心理学の研究で、一番アイデアが浮かぶのは起きてから3時間後くらいだというのを見たことがあります。仮眠すると多分3時間後くらいに記事のネタが浮かんできますね。

 

5.メモを持つ

記事のネタがないというのは、実は記事のネタに気付いていないことだと思っています。記事を書くのはあくまで自分のブログだから、書く内容なんてきめられていないのです、自由です。

朝の日課を説明してみたり、今日外食した店をレビューしてもいいし、歩きながら考えていたことを書き出してもいいし、何でもいい。でも、頭の中だけにとどめておくとすぐに忘れてしまうのが人間です。メモはそんな些細な考えを書き留めるためにあります。

僕は書きやすくて安めのロディアを愛用していますが、何でもいいです、メモを持ち歩いてふとした考えのキーワードの一つでも書き留めてみてください。ストーリーになっていなくてもキーワードがあればその時の頭の中の状況を思い出すことができます。

 

6.画像でごまかす

ブログに載せられるのはテキストだけではありません。どんな写真だって載せることができます。

どうしても記事が思いつかないなら、少し散歩して近所の景色をきれいに撮影して載せてみたらどうでしょうか。夕食や文房具とかの持ち物でもいいと思います。

 

7.勢いでごまかす

これはさっき紹介したOZPAさんがたまに使われている方法です。勢いだけで乗り切ります。

参考:ウオアアアアアアアアアイパッドエアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!(OZPAの表4)

 

習慣にしてしまう

何か月もブログを続けていればきっと記事のネタに悩むことはなくなると思います。ブログを書くことを習慣にできると、日々の生活の中で自然と記事になりそうなことを見つけることができるようになるからです。

ただ、そのためには常にアンテナを張って、周りの様子に反応することが大事だと思います。あと、継続することも大事ですね。

 

それでは、テスト勉強してきま~す。

 

Pocket

WordPressでretina対応のファビコンを設定いたしました!

キャプチャ
Pocket

今頃ですが、このブログにはちゃんとしたファビコンがないことに気づきました。

 

ファビコンとは、サイトを開いたときに、タブの隅っこに表示されたりするこんな画像のことなのですが。

ファビコン

 

小さいながらも、やっぱり自分のブログだからしっかりと作っておきたいんです。

ただ、最近は高画質ディスプレイがバンバン登場してるから、それにも対応させないといけないのよね。

 

マルチサイズico画像の作成

今まで、というかretinaディスプレイが登場する前までは、16×16の画像を用意するだけで事足りました。

世界にあったほとんどのディスプレイとブラウザが、それで十分だったのです。

 

しかし、技術の進化によってもはや16×16では汚すぎ、小さすぎで、とうとう新しいファビコンが必要になってきました。

 

そこで、マルチサイズのico画像を作ります。

 

ファビコンは基本的にicoという画像形式を使いますが、なんとこの形式には複数のサイズの画像を含めることができちゃうんですね。

そこで、いろいろなサイズの画像を作成して、それをまとめて一つのファビコンにします。

 

Bradicon!を使う

自分で多くのサイズを作るのは面倒なので、Bradicon!というサイトを使います。

 

正方形の画像を用意して、アップロードすると、自動的にさまざまなサイズの画像を作成してくれます。

 

favicon1

ファイルを選択し、下のほうのでっかい箱を押すとicoが出来上がるので、真ん中に出てきた画像を押すとダウンロードできます。

 

これで、ファイルの準備は完了です。

 

プラグインでicoを設定

次に、画像をファビコンに設定しないといけません。

 

WordPressのプラグインの検索画面でFavicon Rotatorを検索し、インストールします。

 

するとサイドバーにFaviconのメニューが出るので、クリック。

bar

 

画像をアイコンに設定します。

seticon

 

これで、完了です。

 

キャプチャ

 

 

この青色がいいね。

 

 

Pocket

ブログのロゴをはやりのフラットデザインで作成いたしました!

logo
Pocket

そういえば、このブログのロゴを作っていなかったなーと思い、即作ることに決めた。

 

デザインでいえば、Appleにも言えるようにフラットデザインが大流行しているから、これを使わない手はないよね。

 

さっそくですが、作ったロゴはこちらだよ。

logo

 

 

この際だから、このブログのテーマカラーもこの青色にしちゃいました。

 

ブログにテーマカラーがないと、全体の配色も決めづらいし、このブログに来てくれる人の印象にも残りにくいですからね(´・ω

 

…ここで終わっても尺が全然足りない!!

 

About・フラットデザイン

 

参考:Frasm・だいたい40秒くらいでわかる「フラットデザイン」について

 

よけいな飾りを取っ払ったシンプルなデザインをまとめてフラットデザインといいます。

 

ios7

 

iOS6からiOS7への変化が一番わかりやすいですね。

 

iOS6の立体感のあるデザインを「スキューモーフィズム」とかいうんですが、まあ、みんなこれに飽きちゃったので、フラットデザインの時代が来たんです。

 

これ、作る方も楽で、超助かりますわ。

 

Pocket