もしも英語を話せたら自分の世界が大きく広がる5つの理由

canyouspeak
Pocket

よく日本人は英語ができないと言われ、実際にぺらぺらと英語を話せる日本人は少ない。

島国・日本という1億2000万人の狭い世界の中で過ごすには、英語力はさほど必要ないのかもしれない。

 

でも、英語を話す人に比べて英語を話せない人、主に日本人はとても大きな損をしているように最近思います。

もちろんビジネスで英語を使わなければいけないとか、海外旅行に行くとかそういう場面の話ではなくて、日常生活の中での話です。

 

僕も英検準二級レベルの活きない英語ユーザーですが。

 

1.洋楽

当たり前ですが、ビートルズもマイケルジャクソンもワンダイレクションもテイラースウィフトも、みんな歌うのは英語。

日本語で歌う洋楽の歌手なんていません。

 

日本にももちろんすぐれた歌手はたくさんいますし、十分にたのしむことができるのですが、世界中のアーティストに比べれば非常にちっぽけな世界なのです。

日本語を使うのは日本の歌手だけですが、英語を使うのはアメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダなどの歌手。

 

新たな音楽の趣味だってたくさん見つけることができますよね。

 

2.映画

英語を聞き取れるなら、洋画も字幕なしで俳優の声で楽しむことができます。

やっぱり映画を見るなら字幕に限りますが、字幕さえも見ずにずっと映像を眺められるなら、もっと楽しめます。

 

3.ネットの情報

インターネット上で最も使われている言語はもちろん英語だ。

実際、世界で最も話されている言語は中国語なのだが、ネット上での言語は2位。

 

日本語はスペイン語に続いて4位である。

 

ネット上で使われる言語の割合を見てみると、英語は約27%に対し、日本語は約5%。

 

つまり、英語が話せる人は日本語しか話せない人に比べて5倍以上の情報をネットから吸収できることになる。

文字通り自分の中の世界が広がるようなものだ。

 

4.友達を増やせる?

日本語の話者人口(日本語を公用語とする国の総人口)はもちろん約1億3000万人。

それに対して英語の話者人口は、イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどをまとめて約5億1000万人である。

 

1億3000万人に限られていた友達の最高人数が、一気に5倍程へ膨らむのだ。

まあ、実際に友達になる機会はあまりないかもしれないが、ネット上で交流する相手は格段に増えるし、海外旅行も思う存分楽しむことができる。

 

街で困っている外国人をかっこよくおもてなしすることだって、できるかもしれない。

 

5.入学、就職に有利

日本での英語の試験といえば英検とTOEICが代表的だが、これらの試験で好成績を取っている場合、大学が優遇してくれたり、就職の時に有利になることだってある。

 

また、会社内でもグローバルな人材として評価が上がるかもしれない。

 

とにかく、新たな世界が開ける

まだまだ英語を話すことによるメリットはたくさんあるだろう。

ただ、すべてに共通するのは、新しい分野や世界を見たり、体感できるということだと思う。

 

僕は将来カナダくらいに留学して、たくさん友達作って、外国人のように社交的な性格になって楽しいことをたくさんしたい、とか考えたりするのですが、もちろん英語が話せなければ不可能な話です。

 

つまり、英語が話せないことで留学という世界が閉ざされているのです。

 

80年くらいある人生を日本の世界の中ですべて過ごしてしまうのは、とてももったいないと感じています。

せっかく気軽に海外に行くことができ、ネットで世界とつながることができる世の中なのです。

 

頑張って英語を話せるよう頑張ろうと、また決心した。

Pocket

この夏休みは趣味3本+勉強+遊びに全力かけて挑もうと思う

_20121104-115701-
Pocket

ついに今日終業式を終えて、夏休みを迎えることができました。

2週間という短い期間ですが、やっぱり夏休みは充実させたい!

 

ズバリ、この夏は趣味・勉強・遊びの両立がテーマです。

学生である以上勉強は欠かせませんし、かといって夏休みをそれで埋めるわけにはいかず、遊びもしたいわけで、また趣味も充実させたいのです。

 

私の趣味

・ギター

・ボーカル

・ブログ

 

もちろん私の趣味はブログで、このブログを運営してるわけですが、まだまだPVもUUもない貧弱ブログ、この夏で一気に記事数を増やして少しでもブログを大きくしたいと思ってます。

 

残りの趣味はすべて音楽関係ですね。

 

ギター歴はまだ1年半で、ようやく様になってきたころです。かっこいい洋楽のギターソロなんかをパパッと弾いてみたり、速弾きなんかうまくできるようになりたいです。

 

なんかボーカルとか書いちゃってますが、基本私音痴ですので。

所属バンドにまだボーカルがいないので、代役的な立ち回りをさせられてるので、せっかくならこの夏でうまくなろうと画策中です。

 

勉強

夏休みの課題はたっぷり出されました。

小学校の時みたいに、始業式前日をまるまるつかっても決して終わらなさそうな量です。

 

たぶん60時間分くらいあります。

単純計算で、1日三時間くらいは勉強しないといけないんですね・・・。

 

もちろん遊びに行く日なんかはそんなにできませんから、やる日は一気に五時間ぐらいしないといけないな・・・

 

遊び

実際、一番大事にしているのはこれだと思います。

友達と遊びまくれるのは、受験間近じゃない学生のうち。もう数年しかないのです。

 

今のところ、約二週間の休みのうち、半分くらいが遊びの予定で埋まっています。

そのうち女子と遊ぶのが7割くらいで、テンション上がりっぱなしです。

 

バンド仲間とスタジオに行くことも計画していて、趣味と遊びも関係あるんです。

 

つまり

充実した夏休みを送りたいんです。

今までの夏を思い返せば、始業式前日に宿題に追われなかったことがあっただろうか。

 

これまでにないほど遊びまくったと思えることがあっただろうか。

 

これほど趣味に時間をつかえたということがあっただろうか。

 

この夏は、どれも充実させて、人生最高の夏休みにしたいのだ。

Pocket

友達になることができないのは、相手をうまくからかうことができないから

PAK57_konoatodoushiyoukanato
Pocket

初対面の人や、かわいい/かっこいい異性と仲良くなりたいと思うのは、いつの時代でも同じですが、かわいい過ぎる美人さんとか相手にすると、逆に仲良くなれなかったりしますよね。

私、会話下手と人見知りのダブルパンチでよけいに美人は怖いです。

 

なんで美人相手だとうまく話せないかといえば、もちろん緊張するというのもあるんですが、本当の原因はもっとほかのところにあったことに気づきました。

からかうことが大切

親友にできて、かわいい人相手にできてないことはなんでしょうか。

 

ズバリ、相手をうまくからかうことです。

 

親友相手なら、冗談やからかいをうまく使って楽しく会話ができ、それがあるからこそ深く、親密な会話ができるんじゃないかな。

ただ優しく、当たり障りの会話だけで、いわゆるいい人のままだと、いつまでたっても相手とは一定の距離ができてしまいます。

 

相手に嫌われることを恐れて相手に優しくしてしまいがちなのがまずかったんですね。

もちろんからかいにも限度があって、それをうまく守るのが一番難しかったりするんですが、一番友人になる道に近いんです。

こちらから相手をからかえると、相手には、いわばこちら側をからかう権利を得たようなもんで、こちらのことを相当嫌ってなければ向こうから話してくれます。

 

しょせん、美人もイケメンも一人の女/男、自分と同じ人間です。

決してビビっちゃダメなんです。絶対に。

Pocket

毎日をていねいに生きると、人生が変わるかもしれないと思う

20130722_162624
Pocket

毎日仕事や学校で生き抜く僕らですが、毎日同じようにただ過ごしていく人生は面白くないに決まっています。
先日、「暮らしの手帖」の編集長の松浦弥太郎さんの本を読了した。

独特の考えを持っておられて、文章も易しく、朗らかで、とても読みやすかったのですが、この本は毎日の過ごし方について、視点を変えることを教えてくれました。

 

暮らしの中の工夫と発見

暮らしの中の工夫と発見ノート。

この本のサブタイトルなのですが、この言葉も奥深いですよね。

 

毎日の暮らしの中ですべてのことについて疑問を持って、工夫をして、新しい発見ができる。

それこそ素晴らしい生活なのではと思いますが。

 

「最近、何か楽しいことはあった?」こう尋ねられた時、「どうかな、特別に楽しいことはなかったかな」などと、あっさり答える人がいます。

そのたび、僕は、ああもったいないなと思うのです。楽しみは、発見するもの。喜びは、工夫から生まれると僕は信じています。

via 「今日もていねいに。」 著・松浦弥太郎

 

毎日をぼんやり過ごすのはとてももったいないことなのです。

どんな日でも、何もないなんてことは絶対ありません。

ただ、気づいていないだけなのです。

 

そんな、小さな出来事を発見して行くことが大事なんです。

多くのことを日常から発見することで、友人との会話のネタにもなるし、毎日をもっと効率的に過ごす方法だって考えられるし、何より楽しく生きていけるのです。

 

どんなことにでも失敗はつきものですから、それを恐れずに、人生の楽しみ方を考えていくのです。

 

嘘のしっぽ

僕らが生きるこの社会では、残念ながら、嘘は欠かせないものになっています。

しかし、すべてのウソは悪なのでしょうか。

 

「あ、これって嘘だな」

 

はったりや見栄、前に行っていたこととつじつまが合わないと話、小さなごまかし、いくら巧妙に隠していても、嘘のしっぽがちょろりとみえてしまうことは、案外よくあるのです。

そんな時、僕はあっさり騙されます。

 

via 「今日もていねいに。」 著・松浦弥太郎

 

嘘をつくときには、必ず理由があるわけで、それが些細なものならば、別に受け入れたってかまわないし、むしろ突っかかる方がお互いのためじゃないですよね。

友人が嘘をつくときって、よく考えてみれば自分のためということもあるんじゃないでしょうか。

 

プライベートのウソなら、そっと受け入れてやるのが友人としての役目です。

 

感想

 

松浦さん自身の生き方や思いがやわらかいフォントで書かれている、ある種珍しい本です。

これは、絶対読むべきです。

 

他人の生活スタイルや考え方を学ぶことはとても自分のためになるのに、そういう機会は少ないです、が、この本はそれを教えてくれました。

自分の心を軽くしたり、友人を思いやる心ができたり、読んで損はない、貴重な一冊です。

 

Pocket