超便利メモアプリ「Google Keep」はリマインダーとして使うのが正解だと思う

Google-Keep-for-Android-and-Web
Pocket

僕は今までなんでもかんでもEvernoteに放り込んで書類やメモを管理する重度のEvernoteユーザーだったのですが、ついにそれを上回りそうなツールがGoogleから登場しました。

GoogleKeepとは?

YouTube Preview Image

Google Keepはパソコンからでもスマホからでも書き込んだり閲覧できる同期型メモアプリで、Googleアカウントにすべてメモが保存されます。もちろんToDoリストも作れるし、その場で撮った写真も保存できます。

フラットできれいなデザインで、自分が作ったメモに色を付けることでわかりやすく分類することもできます。

簡単なメモアプリを探しているスマホユーザーはGoogle Keepを選んで間違いありません。

何でも保存できる

Evernoteと同じく写真・音声・位置情報などほとんどすべての情報を保存することができます。テキストとは別にToDoリストも作ることができます。

テキスト

Screenshot_2014-02-01-12-56-07

ToDo

Screenshot_2014-02-01-12-56-16写真

Screenshot_2014-02-01-12-56-32音声と文字起こし

Screenshot_2014-02-01-12-56-38ブラウザからの共有

Screenshot_2014-02-01-12-56-24

もちろん時間の通知(=リマインダー)も

Screenshot_2014-02-01-12-12-20

場所の通知という新概念

GoogleKeepには「場所の通知」という見慣れない機能がついています。自分で場所を指定して、その場所に近づいたときに通知するというものらしいですがほかにはなかなかない機能ですね。

ちょっと買い物に出かけたついでに郵便物をポストに出すとか、そういうことを覚えておくのに使えますね。場所の指定はわざわざ住所を打たなくても施設名で認識されるので便利ですね。

Screenshot_2014-02-01-12-57-11

色で分類

またもう一つ特徴的な機能として、色分けがあります。保存した音声やテキストなどはカードのように表示されますが、その一つ一つに好みの色を付けることができます。

Screenshot_2014-02-01-12-12-34

美しいグリッドデザイン&リスト表示

それぞれのメモはグリッドデザインで表示されます。Facebookのタイムラインのようで見ていて気持ちいいデザインです。色分けと一緒に使うとさらにカラフルできれいです。

Screenshot_2014-02-01-12-13-05

スマホ版アプリだけでなく、パソコンから見ても同じ表示でメモを見ることができます。

pckeep

もしもこの表示を見づらいと感じたなら、リスト表示もできます。

Screenshot_2014-02-01-12-13-00

Chromeなら拡張機能でもっと便利に

GoogleChromeの拡張機能で、もっとGoogleKeepを便利に使うことができます。拡張機能をインストールすると、アプリランチャーなるものがタスクバーに現れます。

アプリランチャー

デスクトップから簡単にGoogleKeepを開くことができるようになります。

keep

Androidのウィジェットが便利

Screenshot_2014-02-01-12-19-25

AndroidのKeepアプリではもちろんウィジェットを配置することができます。最近保存したメモが色付けされて一覧表示されるので、Todoやリマインダーとしての威力抜群です。

Evernoteとはちょっと違うかな

Keepが発表された直後はよくEvernoteと比較されて、「Evernoteにとってかわるツールとなるか!?」みたいな評価をされていましたが、実際Evernoteとは似ても似つかないものなんですね。

Evernoteはいわば自分専用の情報ボックス。見た記事、写真、書類、音声、位置情報をなんでもかんでも突っ込んで自分なりの情報の宝庫を作り上げて、必要な時に検索してもう一度読み返します。

それに対してKeepはいわば万能リマインダー/ToDoリスト。Evernoteと同様に何でも保存できますが、長期保存には向いていません。今後必要なことややらなければならないことを簡単にメモっておくシンプルなメモ帳に近いでしょう。

Evernoteは過去の情報、Keepは未来の情報に対して使うのが自然な流れだと思います。Evernoteではできなかった小さな予定のメモをするのがKeepの役割になるでしょう。

Google Playでダウンロード

App Storeでダウンロード

Pocket

やっぱり初心者ブロガー脱出の第一歩は先輩ブログに寄稿すること

20130725_160409
Pocket

まだまだ初心者ブロガーの域を脱せていない@odd-yukiです。

先日、先輩ブロガーのおつぱさん(@OZPA)の著書、「あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方」を書店で購入し、さっそく拝読いたしました。

 

おつぱさんのブログとまったく変わらないふざけた口調で書かれていて、とてつもない衝撃を受け、また内容に衝撃を受け、衝撃を受けた。

 

おつぱさんのブログは、月数十万PVを超える立派なもので、とてもとても尊敬しているのですが、なんとっ、ドメイン取得から2年半しかたってないっ!

はっ!?まだおつぱしも若造ですよ。

 

そのおつぱしのPV獲得方が詰まってるんだから、買わない手はないですよ。

 

この本に教えられたことを一言で述べると、「まあ、普通に続けなさい。」

 

特別なことは何もしなくていい

 

特別なことは何もないOZPAの戦略

はてなブックマークやSNSの活用は、ブログをやっている人であれば、半ば常識のようなものになりつつあります。

 

(中略)

 

多くのブロガーさんは、それを知りながらも、ただ実践しないだけなのです。

 

「あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方」

 

 

これは、実は意外かもしれませんね。

伸びるブロガーは、基本的な戦略を、的確に、継続的にやっているんです。

伸びないブロガーは、基本的な戦略を、丁寧にやらないんです。

 

なにも特別なことは必要なかったんですか…。

寄稿で一気にアクセス増加

 

当ブログの転機となったポイントはいくつかありますが、その一つが、今記した「goryugo,addicted to Evernote」への寄稿をさせていただいたこと。

 

そして、もう一つ忘れるわけにはいかないのが「はてなブックマークでのバイラルループです」。

 

バイラルループとは、情報がウイルスのように(Viral)広がっていく現象のことで・・・

 

「あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方」

 

おつぱさんの場合、アクセス数を増やした最初のステップは、”寄稿”と”はてブ”だそうで、2日間で17000ものPVを獲得されました。

 

はてブなどのソーシャルメディアからのアクセスは一過性で、長く続きませんが、初心者ブロガーにとっては知名度を上げる大チャンスにもなります。

 

また、少し特徴的ともいえる「寄稿」。

寄稿とは、ほかのブログに自分の記事を載せてもらうことで、有名なブログに寄稿するとおのずと自ブログへのアクセスも増えるはずですね。

 

おつぱさんのブログのテーマは、iPhone、Evernoteで、ブログ立ち上げ当時から自分のiPhoneのホーム画面を徹底的に改造して、紹介したり、Evernoteのノートを公開する記事などを作っておられました。

 

なんせ、おつぱさんがブログを始めた理由が、Evernoteからアンバサダーに認定されるほどEvernoteを溺愛し、言いたいだけのブログを作られている@goryugoさんのブログ「goryugo,addicted to Evernote」を見て、自分も情報発信の場を作りたい!と思ったからだそうで。

 

ブログを立ち上げて3日、Evernoteについて情熱的な記事を書いたら、たまたま@goryugoさんの目に留まり、寄稿してみないかと誘われたそう。

素晴らしいめぐりあわせというか、うらやましいですよね。

 

結局、続けること

初心者ブロガーを脱するには寄稿は確かに、有効です。

でも、結局は毎日といわずともあきらめずに継続してブログを書くことしかないんですよね。

 

その時に必要になるのは、ほかでもないモチベーションなのです。

SEOとかじゃなくて、モチベーション。

 

自分に問いかける「どうやったら、やる気が出るの?」。

SEOよりもよっぽど効果があります。

Pocket