7つの習慣よりも大事なインサイド・アウトと真の成功のための人格主義

インサイドアウト
Pocket

7つの習慣はできるだけ早く読むべき本ですね。全世界で売れまくった、もっとも有効なビジネス書のことです。

今は亡きスティーブン・R・コヴィーというビジネス思想家によって書かれた、人生の道しるべにするべきこの本は、ビジネス書でなく聖書と行ったほうが正しいほどの絶大な力を持っています。7つの習慣で文字通り人生を成功させることができます。

物事の基本はインサイド・アウト

この本では、7つの習慣の前に基本的な考え方としてインサイドアウトを唱えています。ざっくり言えば、真の成功を達成するには自分の内側から外側へ働きかけるしか方法がないということです。

物事は自然のなりゆきや他人の行動によって変わることはなく、自分から働きかけないと変化しない。

個性主義と人格主義

成功のための考え方として大きく二つ、個性主義と人格主義というものがある。

個性主義と人格主義

人格主義とは人間の中心は原則にあり、誠意・正義・誠実など人格が重要であるというものであり、それに対して個性主義というのは、人間関係におけるテクニックや態度、個性やイメージなどを重要とするものである。

長らく成功とは人格主義によってもたらされるとされてきたが、この半世紀ほど、特に終戦後は個性主義がもてはやされてきた傾向があるという。本屋をのぞいてみても個性主義に基づく自己啓発本が多くみられるだろう。

7つの習慣は人格主義に基づいている。原則が自然を支配していて、それに逆らうことはできない。逆に言えば、原則に基づいて行動すれば成功できるということだ。

個性主義は破たんする

個性主義とは一時的なものに過ぎない。個性主義に基づいてテクニックやスキルを磨いても人間の根本は変わらない。つまり問題の根本的解決にはならないのだ。

たしかに人間関係でのテクニックを磨くと成功するだろうが、それはその人の本当の力とは言えない。うわべの力なので、常に成功できるとは限らないのだ。

人格主義は個性主義に勝る

真の成功

小手先のテクニックと人格、どちらが先に必要かと聞かれればもちろん人格だろう。なにより人間の根元にあるのは人格であって、これを育てないことにはその上に立つ個性も成立しない。人格主義は一時的なものであり、個性主義はそれに次ぐ二次的なものである。

この順番を間違えると、いつか自分自身が破たんすることになる。

7つの習慣を読む前に、まずは人格主義の重要性を理解しないといけないね。

Pocket